読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE・雑念

メインブログには書かないどうでもいいこと。

バカになる方法

コンプレックス克服

私は本当に小学生ぐらいの頃から「バカになりたい」と思ってきた。

自分で言うのもおかしいけど、すごく頭の良い子供で、小さい頃は「人間ってなんだ?」とか「何の為に私たちは生きているのか?」とか、「宇宙は端っこまで行くとどうなっているのか?」「人生ってなんだ?」みたいなしょうもないことを延々と考え続けていた。

暇があれば哲学にふけった。

我ながら気持ち悪い子供だったと思う。

 

高校生の頃、師匠(美術の先生)が、「もうお前はアホというよりバカだな!バカ!!」と、まるで「アホ」の上位互換が「バカ」みたいな言い方をして笑っていたのだが、それにモヤッとした違和感を覚えた。(※この時の「お前」は私ではない。)
それが何かは当時は解らなかったが、今改めて「アホ」と「バカ」の違いは何か?って考えたら、結構明確に違うんじゃないかと思った。

 

 

先ほど書いた通り、子供の頃からバカになりたかったのでそれを目指してずっと長い時間かけて自分を変えてきた。

変に頭が良く、しかもそうであるという事が私の周りに居る人たちにとっても当たり前の事で、私が何かふざけた事をしでかしたら、たぶんそれを見た人たちは私を病院にぶち込むか二度と口を聞いてくれなくなっただろう。

そうだと思っていたので怖くてできなかったが。

 

「頭の良い子供」というのは、ただ単に学校の勉強をこなせる、テストでいい点数を取れる、まじめで大人たちの言う事をちゃんと聞く、という、まるで下僕か家畜か都合の良いロボットだという事であって、けして自分の得意分野を伸ばして生き生きと楽しんでいるというわけではなかった。

それがつらかった。

なので、変わりたかった。

 

テストでいい点数を取れば普通であれば誰かに褒めてもらえるものだろう。

もちろん、私も本当に最初の頃はそうだったかもしれない。

だが、それが当たり前になると何も言われなくなる。周囲が冷たくなるのだ。

そしていつしか、「自分はいい点数を取れる人間なんだからいい点数を取らなければならない」というガチガチのセルフイメージが出来上がる。

テストの点数の事に限らない。すべてがそうだ。できて当たり前。

できない自分は周囲から居ない事にされる

 

だんだんと自分を表現する事が下手になっていった。

今思えば意外にも書道の先生がいち早く私の異変に気付いてくれていたかもしれない。

「あれ?なんか字、小さくなったね?前もっと大きくなかった?」

 

人の大勢いるところに立てば足が震えて折れそうなくらいだったし、好きな人が近くにいれば汗だくで真っ赤になっていた。人前で字を書くのも震えた。

今思えば完全にあれは病気だったが、精神的な病気に関する情報など何もない時代だったから、そのまま誤魔化し続けてなんとか乗り切った。

 

「バカ」

バカというのは私にとって憧れだったが、じゃあどういう人が「バカ」なのか?どうすればバカになれるのか?解らなかった。

その悩みに一筋の光を与えてくれた人物が「所さん」だった。

そう、タレントの所ジョージさんである。

 

所さんのことはもちろん以前からずっとテレビで観ていて知っていた。

マジカル頭脳パワーで誰よりも早く回答する、スゴイ人。

当時はそのくらいのイメージしかなかった。

 

だがある日、書店に行った時、所さんの書いた本を見つけたのだ。

写真がいっぱいで、分厚い。

気の抜けた文字。

なんて面白いんだろう!!!

 

その日から私は一気に所さんのファンになり、所さんを心のメンターにした。

 

 

それから数年。

今、私は確実にバカです。

 

頭が良すぎて、真面目すぎて、気を抜きたいのに抜けなくて、変なところにこだわって、イライラして、自分は暗い人間でいない方がマシだ。そもそも健康もままならないし生きている意味は医療費払って医者の経済に貢献するぐらいしかない悔しい。と、嘆いて過ごして来たけれど。

それこそ馬鹿馬鹿しい。

 

「バカ」というのは人を幸せにするものだ。

自分も、周りも。

対して「アホ」というのはどこかこう、自分勝手で独りよがりで、迷惑かける人のことを言うんだと思う。悪いという自覚が無いというか。

そう考えると、かつての私はアホだったのだ。

自意識過剰で自己肯定感が極端に低く、周りなど見えていない。すべてをシャットアウトして世間と隔たりを作って冷たくカチコチになって身を守っていた。

 

例えるなら、「バカ」は太陽で、「アホ」は虫ではないかな?

 

 

バカになるためには、自分が今まで持って来た嫌な過去に手を振ること、握り締めていたものを手放すこと、自分を毎日褒めること、好きなものを毎日見つけること、自分の作品を愛すること。

 

そして、心のメンターを見つけること。

自分のなりたいイメージで生きている人が何処かにいたら、きっと道は拓けていくのでしょう。

 

 

 

 

願い事はブランクを経ても叶うものだ。

雑記

なんだか、ネット上でアレもコレもと手を出していて、「これ作ったらこうやって売ろう!」とか常に考えているので、ハタから見たら物凄くがめつい人間に見えているかもしれない。

 

私はただ、人並みに稼いで自分で得た収入で生活して行きたいだけだ。

普通の仕事場では私のような人間は通用しない事が解りきっているので……(でもこれももしかしたら思い込みなのかもしれない。トラウマというか、周りからそういう人間とされてきた。)

 

だがやはり無理だろう。

学生時代は3日に一度休んでいた身だ。

今と違って精神的な病や副腎の疲労などは何も考慮されなかった。(私の親だけかもしれないが…)

とにかく休む度に怒り狂われ、泣かれ、「這ってでも学校へ行くのが当たり前だ!!」と罵られた。

私は一日中布団に潜り込んで泣いた。カッターナイフを手に取って見つめた。

 

 

若い頃は漫画家になりたかったことも手伝って、マトモに就職して働く、という選択肢は私の脳内には無かった。漫画を描くことだけが楽しみだった。救いだった。

ただ漫画に依存していただけだったかもしれない。

そこにしか私というものが見出せなかったので。

 

大学に進学して、やっと自由の身になれたかと思ったら、初日から監視されて精神を破壊された。

もちろん母親はそんな事に気付いてはいない。

「娘を見守る優しい母親」のつもりだっただろうか?

どうしようもない。

 

粉々に破壊された精神がそう簡単に立ち直るはずもなく。

大学生活もしんどくなってきて、完全に自信が無くなり、そのままフェードアウト。

現在に至ってもまだまだ監視される日々は続いている。

 

が。

 

今の私は昔の私とは違う。

自分を変えたのだ。自力で。誰にも頼らず。

ひたすら「元気になりたい」一心で、インターネットが使えるようになったその日から、ネット上で「元気で明るい自分」を演じ続けた。

演じると言っても、偽っているわけではなく、理想の自分がそこにいたのだ。

それが、本当に私を元気にしてくれた。

 

今でも病気の事を考えると暗く落ち込み、イライラしたり物を壊したり、布団に潜り込んで泣いていたりする。

でも、それでも自分は健康になったんだなと実感する。

明らかに違う。

 

もう一人で何処へでも行けるし、何でもできる。

社会の事は相変わらずよく解らないままだけど、そういう事は優しい人たちが必ず教えてくれる。

世界は素晴らしいのだ。

 

 

よくあのドン底から一人でここまで這い上がって来られたな… と我ながら感心するが、全部自力なので誰も褒めてくれない。(ので、たまに自分で自分を褒めている。)

でも、自力ではあるけれど、その周りにはたくさんの人たちが居てくれたのも確かだ。

ネット上など、顔も見えないはずなのに私の事を信用してくれる人たちがたくさん居た。

もちろん、お別れになってしまった人たちもたくさんいたが、その人たちにも今いてくれている人たちと同じくらい感謝している。

 

 

お金も自分には稼げないと思っていたが、何やかんややっていたら、たまに収入が発生していたりする。まだ「たまに」ではあるけれど。

もう少しで定期的に収入を得られるようになるんじゃないかと感じている。

 

そうそう、ずっと諦めていたけど、最近、漫画の仕事が来ました。

こんなに間が空いても、昔願っていたことは、ふとした拍子にアッサリと叶うようです。

 

 

 

 

(昔、私が願っていたこと:元気な少年になりたい。漫画家になりたい。)

 

 

少年にはなっていないけど、それに近い存在にはなれたような気がするネ。

 

 

 

 

愚痴とか嘆きはこのブログに書きます。

ブログについて

普段はネットでもリアルでも、元気で明るい奴をしているワシだが、定期的に暗くなる。

 

「元気で明るい奴をしている」というのは、別に自分を偽っているわけではない。

「そういう自分でありたい」という理想がソレなのだ。

 

暗い自分が出てくると手に負えないので、解毒としてどうしても何処かに吐き出してしまう。

その場所を、結局このブログ一箇所にする事に決めた。

 

いけないのは、暗い自分の時にツイッターなど開くとつい余計な話ばかり、しかも自分の不幸と愚痴と嘆きばかりでただのウザいババアになってしまったりする事。

メインブログにも今まで何も考えず脳みそのグチャグチャを垂れ流してしまったから、すっかり平和が乱されてしまった。

もうこれ以上そういう事をするのは悲しいだけなので、本当にこれを機にこのブログ一本に絞ろう。

暗い自分の居る時は、他の何処にも何も書かない。

 

そうしよう。

 

安心して暗い事が書けるように、プロフィール画像も全部取り払った。

まあ、URL見れば何処の誰だか一目瞭然ではあるけれど。

ひっそりとやって行くよ。

 

 

 

一番捨てたい物が捨てられない。

病気との付き合い方

この記事を読んだ。まさに夢の生活! 15年間お金を使わずに生活するとても豊かな生き方 | ロケットニュース24 ‬

 

夢の無銭生活か。いいな。

でももっと良いのは、「健康保険を払ってないから病院に行けない」というところ。

 

この一文。

 

いいな。

 

お金持ってなかったら病院行かなくていいのかな?

 

だいたい、私が心臓病だって誰が決めた?

医者だ。

この前も同じこと書いたけど。

 

ただ心臓の形が他の人と違っただけなのに。

心臓病だなんて勝手に決めつけやがって。私の半生がズタボロにされたのは医者だけのせいではないが。「病気」があらゆる不条理すべての根源である。

 

私は騙された。

ずっと騙されていたのだ。

 

薬も保険証も診察券も障がい者手帳も全部自分にとっては目障りで不愉快で要らない物だ。

 

捨てたい。

捨てたい。

捨てたい。

ああ捨てたい。

 

と言いながら、なんか不整脈っぽい兆候が出ている。

ちょっとこの頃気持ちが沈んでいたので身体がそれに合わせてきたのだろう。

ごめん。

 

水分いっぱい摂るから許してくれ。

 

医者に払う金なんて無くていい。

病院に閉じ込められている人とホームレスだったらホームレスの方が自由だ。

 

私はもう病気の事なんてどうでもよくなりたい。散々殴り合ってきたから疲れた。

どうしてすべての物や人は離れて行くのに病気だけ離れて行かないんだろう。

あんまりじゃないか。

生きてるうちでずーーっと付き合わなきゃいけないものなんてあるかい?

タチの悪いストーカーだ。

そして私はおそらくそいつに殺されて終わる。

バカバカしい。

 

そんなバカバカしい人生、もう諦めてるけど。

健康な人を妬んだり羨ましがったりする事はもう無くなったけど。

 

その代わり、なんか生きる欲望まで無くなってしまった。

「生きたい」って思わなくなった。

 

「いつ死んでもいいや」

 

いつ死んでもいいから明日の事なんて考えてない。

「お前、何も考えてないな」

たぶんそれはずっとそう思われてる。

ヌボーーッとしてるからだろう。

馬鹿にしたきゃ馬鹿にしとけ。

どうでもいい。

 

お前らには解らんのだ。

私がどんなに病気と殴り合おうと、擦り傷ひとつ見えんのだろう?

 

ガハハ。

 

 

 

寝台列車はクルーズトレインっていうのになるんだって。

旅がしたい

メインブログの方で顔出しラジオ動画をアップしてデュアルライフの話をしたけど、そしたらものすごく沖縄に行きたくなってきたよ!

沖縄行きたい。

 

私は病人なので飛行機に乗ると酸欠で死ぬだろうから、行くなら船で行くよ。

それに船の方が移動時間が長くて楽しそう!!!

いや、これは負け惜しみでも何でもなく、本当にそう思ってるんだ。

 

電車にしても鈍行で各駅停車でぶらり旅をいつかしてみたいと思ってる。

「旅情」ってやつだよ。

 

青春18切符にも寝台列車にも憧れがあって、いつか乗ってやろうと思ってたんだけど、寝台列車は相次いで廃止されてるからいつまで残ってるかわからないよねぇ……

っていうか今残ってるのいくつあるの?

無かったら悲しい………

 

 

みんなもっと寝台列車乗ろうよ!!楽しそうじゃん!!

廃止されたら私が乗れなくなっちゃうからみんな乗ってよ!!

 

でも、値段は確かに高いよな…

 

 

もう少し安くしてさ、高級レストランとか入ってなくても良いから「宿泊できる楽しい観光列車」として売ろうよ、そういうの。

寝台列車に求めているのは旅情であって、高級料理じゃないんだよ!!!

少なくとも私は。

 

例えば屋根をガラス張りにして走り行く星空が見れます、なんてやったら最高だよね。

寝ながら走りながら星空が見れるなんて!!!

なんてロマン。

 

 

なんて。勝手なことを書いてしまったけど、クルーズトレインっていうのが西日本、東日本でそれぞれ今準備中で「宿泊できる楽しい観光列車」に近いっぽい。もう少しで運行されるみたい!

でも。

 

スイートルーム95万だと……??

あの、料理いらないんで安くなりませんか???

 

乗りたい。

庶民ルームはいくらなのか、今から調べてきます。

 

 あっ、沖縄についても調べなきゃ。

 

 

ホットヨーグルトは温め過ぎるとゲロの味っぽくなる

食べ物のこと

タイトルの通りです。

だいたい10〜20秒チンするんだけど、ヨーグルトの量が少ないと温まり過ぎて分離するので見た目と味がゲロっぽくなるから気をつけようね!!

 

ホットヨーグルトは冬場でもヨーグルトが食べられるから良いよね。

冷蔵庫から出してそのまま食べると寒いでしょ。

お腹も冷えるし。

 

でもゲロ味には注意してね!!!

 

身体には良いらしいです。

足揉み

病気との付き合い方

今、すごく足を揉みたい。

足裏のツボ揉みマッサージは自分の不具合のバロメーターだ。

反射区と呼ばれるツボが足の裏に地図のように分布している。これは一度覚えておくと本当に役立つものだ。

覚え方は簡単。

親指が「頭」で他の指は目や耳など顔の部分、親指の下は頭の下だから「肩」、どんどん下に行って心臓、肝臓、胃、腸…… 最後、かかとの所は「生殖器」である。それ以下は無いらしい。

 

今はちょっと上の方が揉みたい感じなので肩、心臓、副腎、リンパなど結構身体全般巡りが悪くなっているらしい。

 

もみもみ…

 

いつも結構キツめに押してると思うが痛くはない。気持ちいい。

足の裏が柔らかくなったら少し元気になれる。